乗物館 Visitor No. counter
新着情報
乗物館
MyBIKEMyCARレース観戦
PC館
LINK
Takach@Twitter

CBR1000RRインジェクションコントローラーRAPiD BIKE実践編

前回『CBR1000RRインジェクションコントローラー導入編』の内容は?

社外フルエキ(Akrapovic Evolution line)に交換したCBR1000RRをインジェクションコントローラーで燃調を決めてやろう。まずは機種選定(RAPiD BIKE 2に決定)と取り付け作業および補正メカニズムの確認だ。

※関連ページ

とりあえずゼロマップから (2005.07.03)

このインジェクションコントローラーRAPiD BIKE 2は,国内代理店(サインハウス:http://www.bolt.co.jp/),製造元(DiMSPORT:http://www.dimsport.com/RAPiD BIKEWEBサイト:http://www.rapidbike.it/)のどこに行っても参考になるデータが公開されていないため,手探りでのセッティングとなる。デフォルトで入っているデータはCBR1000RRの場合,大胆な大幅増量マップである。

Wide Band CommanderA/F計&データロガーWide Band Commander導入編およびA/F計&データロガーWide Band Commander実践編を参照のこと)を用いて実際にA/F(空燃比)測定してみたがどうも濃すぎるようだ。

そこで,きれいさっぱりゼロからの出発と言うことで,下の表のような全データを「0」にしたゼロマップ(つまりは補正の入っていないノーマル状態)を作り,そこからセッティングを始めることにした。

Advance(点火進角)
Load0%5%10%20%40%60%80%95%
rpm12345678
130200000000
203300000000
252500000000
308600000000
...以下続く...
Injection(燃料噴射)
Load0%5%10%20%40%60%80%95%
rpm12345678
130200000000
203300000000
252500000000
308600000000
...以下続く...

データを取ってみよう (2005.07.03)

それでは,別途取り付けたWideBandCommander(ワイドバンドコマンダー)A/F計&データロガーWideBandCommander(ワイドバンドコマンダー)導入編およびA/F計&データロガーWideBandCommander(ワイドバンドコマンダー)実践編を参照のこと)を用いて,実走行でデータを取ってみよう。この場合の注意点は,

ってところだ。

A/Fデータ1

で,このような結果が得られたとする。問題はこの結果からどう補正していくかってことだが...

マップ変更 (2005.07.03)

さてここからが本題なんだが,内容はだんだん怪しくなってくることを最初に宣言しておこう(^^;

データを元にマップを変更すると左下の表の緑色着色部分になるが,ここで小技を効かせて,最初のうちは周辺のデータの取れてないアクセル開度部分も同一値で埋めてしまおう(黄色着色部分)。全体的な補正の方向性は同一回転数なら変わらないと思われるので後が楽になるだろう,きっと...

Injectionマップ(データによる補正)
Load0%5%10%20%40%60%80%95%
rpm12345678
130200000000
203300000000
252500000000
308600500000
362300500000
416700-500000
463000-300000
520800000000
551000000000
600600000000
631900100000
660100200000
701800300000
732600300000
761900400000
803200040000
833300000000
860200000000
9009000-20000
9324000-40000
9662000-30000
10025000-20000
10336000-20000
10667000-20000
11019000-20000
11299000-20000
11696000-20000
1201200000000
1234600000000
1269800000000
Injectionマップ(周辺を補間)
Load0%5%10%20%40%60%80%95%
rpm12345678
130200000000
203300000000
252500000000
3086 5 5 5 5 5 5 5 5
3623 5 5 5 5 5 5 5 5
4167-5-5-5-5-5-5-5-5
4630-3-3-3-3-3-3-3-3
5208 0 0 0 0 0 0 0 0
5510 0 0 0 0 0 0 0 0
6006 0 0 0 0 0 0 0 0
6319 1 1 1 1 1 1 1 1
6601 2 2 2 2 2 2 2 2
7018 3 3 3 3 3 3 3 3
7326 3 3 3 3 3 3 3 3
7619 4 4 4 4 4 4 4 4
8032 4 4 4 4 4 4 4 4
8333 0 0 0 0 0 0 0 0
8602 0 0 0 0 0 0 0 0
9009 -2-2-2-2-2-2-2-2
9324 -4-4-4-4-4-4-4-4
9662 -3-3-3-3-3-3-3-3
10025-2-2-2-2-2-2-2-2
10336-2-2-2-2-2-2-2-2
10667-2-2-2-2-2-2-2-2
11019-2-2-2-2-2-2-2-2
11299-2-2-2-2-2-2-2-2
11696-2-2-2-2-2-2-2-2
1201200000000
1234600000000
1269800000000

CBR1000RRのA/F(トルク)特性 2005.10.23

上記を何回か繰り返すと,CBR1000RRの特性らしきものが見えてきた。例えば左下のセッティング内容での各領域のA/F計測値は右下の表のようになった。

Injection(燃料噴射)補正データ
Load0%5%10%20%40%60%80%95%
rpm12345678
1302354230-10
203300000000
252500000000
308600000046
3623324-1-1114
416713443333
46303-2000000
520800003653
55106-2330121
60063345400-1
6319-11000000
66010036436-2
7018-111-1-2122
732632-1-4-2-100
761911111111
803226444-20-2
8333-6-5-5-21345
860230-4-3-2-2-1-3
9009-2-1-1-1-1-126
9329444-20-1-3-4
9662-3-1-1-100-30
10025-2-2-500000
1033600002222
106672-10-1-2000
1101900652045
1129957777777
116967722222-2
1201200-341266
1234633236668
1269888888888
A/F計測結果
Load0%5%10%20%40%60%80%95%
rpm12345678
130214.114.2------
203313.113.813.513.212.5---
252513.912.712.612.11211.611.9-
308614.114-13.1--13.113.1
362314.113.513.512.2---12.3
4167-13.112.312.5---12.5
463013.913.513.613.4---13
5208-1313.213.1---12.3
5510-12.613.112.8---12.7
6006-12.913.513.1---13.2
6319-12.613.413.3--12.612.9
660118-13.213.4--12.9-
701818-13.212.9--13.3-
732618-12.912.9--13.6-
761916.212.512.912.7-13.5--
803218-12.512.6-13.1--
833318-12.312.3-12.8--
8602161312.412.7-12.6--
900916.512.912.613.112.112.2--
932417.3-12.412.712.1---
966213.8--12.612.512.1--
10025-12.312.612.812.212.5--
1033613--12.812.9---
10667-12.2-12.713.1---
11019---12.512.9---
1129913---12.8---
1169612.5--13.312.9---
12012---13.5----
12346--------
12698----12.9---
Lean       Rich

右上の表をみるだけでは,「うわー,全体的に濃いよなぁ...」となるが,もう少し細かくデータを確認するためにグラフ化すると...

CBR1000RR A/F計測結果グラフ1

見事に各スロットル開度とも,2000rpmに薄い山,2700rpmに濃い谷,3500rpmに山,4200rpmに谷,4700rpmに山,5400rpmに谷...と同一傾向が現れているが,この傾向は全てのCBR1000RRに当てはまると思われる。それは,Akrapovicのフルエキ Evolution lineでのトルクカーブ(http://www.akrapovic-ai.si/main/catalog/honda/cbr1000rr_04/rac-evo/chart.html 参照),および同時に掲載されているノーマルエキパイのトルクカーブでもほぼ同一回転数でのトルクの山と谷が確認できるからだ。

社外フルエキはともかくノーマルでもこれだけのふらつきがあるとは... この領域を調教できなかった理由はどこにあるんだろうか? ピーク重視故のやむを得ない決断? 発売までのスケジュールがタイトでそこまで手が回らなかった? いやこの際,確信犯的にこの領域を見捨てていた(「この車種は6000rpm以下はオマケですよ,お客さん!」みたいな(^^; )と考えることにしよう。

いずれにしろ,セッティングの方向性としては,この6000rpmまでの常用域の特性平滑化と,それ以上の回転数でのパワーフィーリングの向上を狙っていきたいところだ。

CBR1000RRインジェクションコントローラーRAPiD BIKE実践編2

...続く...-> CBR1000RRインジェクションコントローラーRAPiD BIKE実践編2

Copyright©2000 http://www.takach.net/ All Rights Reserved.