乗物館

CIVIC(シビック)FL1導入・小技カスタム

目次

導入

発端(2021-Summer)

それは2021年の夏の出来事。愛車AXELAに不調の波が押し寄せた。

AXELAに押し寄せる不調

カーナビタッチパネルの感度が落ちて操作がしにくくなっていたところに、猛暑でやられたAXELA(BLFFW)不具合の定番、メーターバイザーの浮きである。なんか一気にポンコツ感が溢れかえる状況に...

まだ9年13万kmだし、もう少し乗り続けるんだけどね。それに、車なんか買う金ねぇしなぁ。いや、でも、誰かがとどめを刺してくれたら思いきれるんだけどなぁ...

モデルチェンジ(2021-Autumn)

ほほぅ、シビックがモデルチェンジしたのね。なんか、大人な感じのデザインになってるじゃないか。いやいや、もっとAXELAに乗り続けんだよ(車に使う金は無ぇってこと、思い出せ)

後押し(2021-Winter)

冬ボーナスが出たぞ! 車買うには全然足らないが、未来の自分がもっと頑張れば金の融通なんてできるんじゃないか?(危険)

ディーラーへ(2021-12-18)

よし、シビック見にいこう(この時点で気持ちはほぼ確定)。営業氏への牽制のためにマツダにも行って、MAZDA3やMAZDA6の見積ももらってじっくり考えるフリをしよう。

実際、マツダへは「他社に乗り換えるから」って仁義を切りに行ったようなもの。「AXELA買うときに言ったじゃん、『ホンダ党なのに買う車がないからマツダにするんだ』って」。

成約(2021-12-19)

「MAZDA3とMAZDA6の間の車格のくせに、価格はMAZDA6に近いんだよねぇ。もう一声何とかならないの?」
「...店長と相談してきます...こんなところでしょうでしょう?」
「ほほぅ、よっしゃ! 決定!」
...書類にサイン...「家に実印を取りに帰るよ。印鑑証明も持ってくる。」

順番が違う(2022-01-11)

AXELA運転中、信号待ちで停まったところにそれは起こった! ウトウトしていたらしい後続車に見事なとどめを刺されてしまったよ。

とどめを刺されたAXELA

イヤ、順番が違う! 『誰かがとどめを刺してくれたら買い替えるかも』とは思っていたが、もう買い替え決定してんだよ! 下取り契約している車を壊されると、話がややこしくなる、どうしてくれるの? 勘弁してよ。

後日談:
責任割合0:100で、修理費用(ホントに修理するかはもう渡したので知らない。今は中古車市場に勢いあるから修理するかな?)、下取り査定額減額分の差額、は相手側から支払われることに。

納車(2022-01-30)

納期めど2ケ月といわれていたが、その後短縮され、1/30に納車されたよ。
グレード:EX 6MT
カラー:プレミアムクリスタルレッド
オプション:ボディガラスコーティング、フロアマット (標準で豪華装備なので特につけるものってないんだよねぇ)

CIVIC(シビック)FL1納車

納車されたからといってどこへ出かけるわけでなく、家にこもって作業開始だ。

カスタム

とくに純正オプションでつけるものはないが、自力でこつこつカスタムしていくよ(ほぼ小細工ネタ)

レーダー探知機・ドラレコ(2022-01-30)

取付品:CellSTAR AR-W65GM(レーダー) + CS-51FR(ドラレコ:前方カメラ) + GDO-28(ドラレコ:後方カメラ)
前車AXELAからの移植品。とくにドラレコは2021年に更新したばかりなのでもったいないし、せっかく役立ったのだから今後も活躍してもらいたい(いや、ぶつけられなくていい)。

フロントドラレコ
リヤドラレコ
リヤハッチへの配線1
リヤハッチへの配線2

FL1シビックのリヤハッチは、樹脂成型品で分解できるとこが限られているため配線を通しにくい、と言われているが、焦らずにトライすればなんとか開通できたよ(結構長時間攻め続けた)。オプションのテールゲートスポイラー(羽根)をつけると、この低い位置では後方はほとんど見えないはず。

テレビキャンセラー取付(2022-02-06)

走行中もTVがみられるようになるこのアイテム。ホンダコネクト用ってやつなら問題無いと思われる。みんカラあたりをみると多数紹介されているので詳細割愛...

センタートレイ小物入れ(2022-02-06)

購入品:LFOTPPセンタートレイ小物入れ

FL1シビックカスタムの定番(になりつつある?)小物入れである。その上さらに、定着しそうな一部切り取り(照明をふさいじゃうのを回避)を実施だ。この車は運転席周りの収納が少ないのが難点。

LFOTPP小物入れ
LFOTPP小物入れの一部切り取り
LFOTPP小物入れ装着

アイドリングストップキャンセラー取付(2022-02-06)

購入品:オートパーツ工房スイッチ押し太朗マイナスコントロール[10秒後動作]、エーモンプラスマイナス分岐ターミナル3360、電源取り出しヒューズ10A(低背)

アイドリングストップって嫌いなのよ。「さぁ発進」って気持ちは前へ進んでいるのに、まずはエンジン再始動してから、ってタイムラグがどうしても気になる。コネクタ接続だけの簡単タイプはまだ出てない気がするので、少し工作して実装することに。

配線図

この回路で、エンジン始動後10秒でアイドリングストップ機能は自動キャンセルされる。ボタン操作をすれば有効にすることも可能。

アイドリングストップキャンセル回路図
ACC電源取り出し場所
ACC電源取り出し場所
運転席右足元ヒューズ。45番ACC電源用から分岐
アース接続場所
アース接続場所
アース接続場所はセンタートレイ奥にあり

オートマチックブレーキホールド機能を自動オンしたい(2022-02-06  2022-03-12Update!)

MT車を操作する上で難易度が高いものといえば、坂道発進(もちろん上り坂)だ。その昔、教習所で厳しく教え込まれたのは、①簡単なサイドブレーキ使用、②素早いブレーキ→アクセルへの右足移動+微妙なクラッチ操作、の2方法である。が、時は変わり今は簡単、ブレーキホールド機能があって、ブレーキのことは忘れてアクセルとクラッチの操作だけに集中すればいいのだ...が、この車はデフォルトでオートマチックブレーキホールド機能はオフになっている。上のアイドリングストップキャンセルと同じ方法が使えないか、コネクタを見てみる。

コネクターと敗戦の確認

えーと、なんか線が多いんだよね。負荷は、問題のブレーキホールド+パーキングブレーキ+スイッチ照明+パーキングブレーキ表示灯、なんだけど12本も線がある。

オートマチックブレーキホールドスイッチコネクタ
オートマチックブレーキホールドスイッチコネクタ

なんじゃこれっ?、と、スイッチのふたを開けてみることにする。

スイッチ内部確認

ブレーキホールドスイッチを分解してみた。左側上部の白い部品をスイッチが押すとゴム部品を押さえつける仕組みだ。

ブレーキホールドスイッチ

ゴム部品が押されると、基板右上のパッドでコンタクトする。スイッチを物理的に元位置に戻す機能もこのゴム部品の反発力が担っている。

ブレーキホールドスイッチ接点

時間切れできちんと回路は追えてないけど、このパッドからは直接ケーブルにつながっていない様子(基板裏面にも部品あり)。アイドリングストップキャンセラーと同じ方法は使えそうにない。誰か真面目に解析してくれないかなぁ... いや、短絡すればいいだけなんでしょ? リレー使ってやったらいいだけじゃないのか?...続く...

実装(2022-03-12)

さて、1ケ月点検の際にこの部分の回路図をもらってきたので、それを参考に再び分解して確認したところ、本図のような配線・抵抗値になっていた(もしこの方法でやってみようって考える人は、自分で確認することをお勧めする)。

オートマチックブレーキホールドスイッチ回路

コネクター爪の無い側の一番右端が12番(薄緑:信号)で、その左隣が11番(黒:GND)だ。

オートマチックブレーキホールドスイッチコネクタ1
オートマチックブレーキホールドスイッチコネクタ2

ここまでくれば、もう一息。12番を750Ω抵抗を通してGNDに落とせばいいというがわかったので、上述のアイドリングストップキャンセラーと同じような回路を構築する。
購入品:オートパーツ工房スイッチ押し太朗マイナスコントロール[10秒後動作]、750Ω抵抗、(アイドリングストップキャンセラー取付の際に装着した電源取出部品)

オートマチックブレーキホールド受動On回路

これで、シートベルトを締めて(オートマチックブレーキホールドを有効にする条件だ)、エンジンを始動すれば、10秒後に自動的にオートマチックブレーキホールドがオンになる。もちろん、その後のスイッチ操作でオフにすることもできる。完成。

シフトノブ交換(2022-02-19 updated)

購入品:カーメイトレザーノブRA128RE、(ネジ変換ジョイント:M8[オス]×M10[メス] ※最終的に未使用)、ワンオフ加工アダプタ

この車の弱点の一つ、シフトノブについて。
アルミトップのカッコいいシフトノブなんだけど、冬だと駐車中にアルミが冷え切ってしまい、操作のたびに掌が冷たくなるので、この部分が温まるまで手でゴシゴシとこすり続けることに(当然その間は片手運転)。

シフトノブ

虚弱体質なため、この冷たさには耐えきれないので交換しようと汎用のシフトノブを購入したものの...あれっ? もともとついているブーツ固定用金具がすっぽり入っちゃうんだが...この商品、ねじ部がものすごく奥にあって手前は穴が大きいんだね、だめだこりゃ。

シフトノブ購入品
ちゃんと取り付けられないシフトノブ

小細工案の立案と実施

という訳で...取り急ぎひねり出したのが下記の3案だ(左側から順に、A案、B案、C案、とする)。

小細工して取り付ける案

C案がベストだとしても、せっかく買ったのですぐにでも使いたい、ってことで、簡単なA案(ネジ変換ジョイント:M8[オス]×M10[メス])を実行してみる。

暫定的小細工でシフトノブ取り付け

冷たいよりは全然いい...が、いやぁ、なんかちょっとね。C案を真剣に進めよう...

ワンオフ製作

...はい、サクッと図面を作成したよ。

シフトノブ用アダプタ

えーと、一家に1台あるべきはずの旋盤がウチにはないので、本職に依頼してアルミ削り出し(いい響きだ)で作成だ。

アダプタ
アダプタ完成品
アダプタ
アダプタをノブへねじ込み
FL1シビック_シフトノブ交換
シフトノブ交換完了

無事にシフトノブの交換が完了! これでもう冷たくない。
ところで、夏になると革とアルミのどっちが熱くならずに快適なんだろう? 純正シフトノブは保管しておくことにしよう。

TPMS(タイヤ空気圧監視システム)取付(2022-03-05)

タイヤ空気圧を常時モニタリングし、異常があればお知らせしてくれる便利アイテムとしてピックアップしたのが、TPMS(タイヤ空気圧監視システム)である。

購入品:Antionタイヤ空気圧監視システムTPCMU-EF

TPMS表示ユニット
表示ユニット
TPMSセンサー
センサー

選んだのは、アクセサリーソケット(シガーソケット)に装着するタイプで、このソケットはかなりの好ポジションにあるにもかかわらず、特に使う予定のなかった電源取り出しポイントなので有効活用しようという企み。

まぁ、常時確認できるのはありがたい。バイクにもつけるかどうかが悩みどころ(出かける前にエア圧をチェックするのがルーティーンだしなぁ)

オーディオ関連カスタムは別ページで集中掲載

オーディオ関連カスタム